堺市と伊丹市で高気密高断熱の
新築注文住宅はHIDEコーポレーション

資料請求

Standard 03.Hidecorp house is stronghouse to earthquake.

Episode 03.

〜テクノストラクチャーでつくる地震に強いおうち〜

HIDEコーポレーションの家づくりは、日本の気候風土に合う木造の良さと地震に強い鉄骨造の強度を合わせたテクノストラクチャー
という工法を採用しています。コンセプトである長く住まい継いでいく家には、耐震性が必要不可欠です。建てる家1棟1棟に合わせた
独自の構造計算をすること、そして、強度の強い構造材、テクノストラクチャーの制震システムを導入することで家族の未来を守る家
づくりが実現できました。誰しもがあこがれる広々とした空間と、安心して暮らせる家を日本に広めたい当社の考えが詰まった家です。

木造×鉄骨の構造と制震システムへのこだわり

HIDEコーポレーションの家づくりの考えは、地震の多い日本でも安心して長く暮らせることでした。
在来工法や、鉄骨造、RC造、2×4造など様々な構造の考えがある中で、何より安心して暮らしてもらうには、
耐震性や空気環境や省エネ、そして住まい継ぎたくなる暮らしだと考えています。家づくりは何から始めれば
いいかわかりづらい今だから、たくさんの人にこれらを学んでもらうことが必要だと私たちは考えています。

  • HIDEcorpのこだわりを見る
  • HIDEcorpの家づくりを知る
  • HIDEcorpの家づくりを学ぶ
MORE DETAIL.
merits01
HIDEcorpの家は梁の強度が高い

木造建築の弱点は、木はまっすぐ縦に育つため、縦への力
には強いのですが、横からかかる力には、たわんでしまう
欠点があります。だからこそ、梁に鉄骨の複合梁を使い、
長年耐久性・耐震性が変わらない工法になっています。

merits02
HIDEcorpの家は木の接合部が強い

構造の木と木は通常、木を切り欠き繋ぎますが、テクノ
ストラクチャーでは独自の金物工法にして、木の切り欠きを
少なくして、強度を保つことや、施工する人で差が出ない
均一な家づくりに配慮をしています。

merits03
HIDEcorpの家は地震に強い

テクノストラクチャー工法の家では、耐震を高める部材を使う
だけでなく、独自の制震システムを採用することで、建物その
ものの揺れを約30%~50%軽減し、より地震に強い家を実現
しました。長く住まう家の大切なのは耐震性と制震です。

merits04
細かな構造計算と多岐にわたる計算項目

当社のつくる家では、通常では200種類ほどの構造計算項目
なのに対して、388項目以上の項目を構造計算します。基礎強度
や柱強度、梁強度、接合部強度など細かな項目を見ることで
長く住まう安心をお届けできると考えています。

HIDEcorp.の選べる空間設計

狭小3階建てから大型建築まで

HIDEコーポレーションの家づくりでは、この工法を採用することで、
設計の自由度がとても高く、広々とした空間を作ることができます。
敷地最大限に活かすことができるのも当社の家づくりの強みです。
テクノストラクチャーについては是非、当社へお問い合わせ下さい。